熱帯魚のオトシンクルスとコリドラスの飼育日誌です。


by haste-aqua
初心者向きコリドラスとしてショップ等でオススメされている
種類に赤コリ、青コリ(花コリ、黒コリ)、パンダがあります。
ホームセンターにも定番としてあり、割とどこでも入手しやすい種類です。
赤コリは確かに丈夫で病気にもなりにくく、巧く行けば繁殖も
容易なので初心者に最適と思います。
青コリは赤コリ程ではありませんが状態の良い物を選んで購入し
環境にも慣れてくれれば特に難しい事も無いでしょう。

問題はパンダです。
初心者向きと言われている3種類の中で直ぐに落ちる、病気にかかり易い
ので、かなり弱い種類と言えます。
一般的に良く聞くのがパンダ病と言われる病気で、ひれ、口、ヒゲ、エラが溶け
最終的には体の粘膜が溶け白く膜が張った様な状態になり死亡するケースです。

これはカラムナリス菌の感染により発症します。
パンダの場合は発症した時点で回復する可能性は極めて低く
投薬しても殆ど治らない様です。
(因みに薬はグリーンFゴールドリキッドかパラザンDを使用)
初心者の方がショップで薦められて購入して直ぐに落ちたと言う話は
良く耳にします。

パンダは見た目も可愛らしく値段もお手頃なので初心者の購入率も
高い(僕も初めて飼った時は数日で落ちてしまいました)と思いますが
初めてコリドラスを飼う方は赤コリをオススメします。
少し値段が高めですがステルバイ(900円前後)も丈夫です。

パンダは初心者向きではけして無く、購入時のトリートメントや
病気ヘの対処に慣れた上級者向きなコリドラスなのでは無いでしょうか?
c0102086_21473536.jpg

[PR]
# by haste-aqua | 2006-11-10 16:34 | Co.パンダ

ゼブラオトシンの事

今、家にはゼブラオトシンが三匹居ます。
前から飼ってみたいと思っていたのですが
近隣の店には全く無く、通販サイトの写真を眺めてるだけでした。
しばらくが経った時に偶然ホームセンターで売られていたのを
見つけ衝動買いしたのが最初に飼った二匹でした。

しかし未だ知識が乏しかった為トリートメントもせずに本水槽に
入れてしまい数週間後に水カビ病になり、二匹とも落としてしまったのです・・・

その時の失敗を繰り返さない様に今の三匹はトリートメント水槽にいます。
餌付けも順調で今では餌場をいつもモフモフしていて可愛い!

餌はキョーリンのヒカリプレコを与えているのですが、最初は同居の
ヌマエビに占領されて、その周りを物欲しそうにウロウロしたりします(笑

雄雌の区別がつきませんが何れ繁殖にもチャレンジしてみたいですね。
c0102086_23462389.jpg

[PR]
# by haste-aqua | 2006-11-09 23:46

沼エビ抱卵

今日は週一の水替えの日。
先週にイトメをあげたので、オトシンネグロとコリドラスの60cm水槽を
いつもより多めに換水しました。
水を抜いてる時にキャーキャー言って逃げまどうチビコリが可愛い!

イトメと言えばオトシンゼブラに与えた所、最初は無関心だったのですが
一度食べたら餌場から離れようとしません(笑
よっぽど美味しかったのでしょう。
また買ってきてあげるね!

今オトシンゼブラと30cmキューブ水槽の同居で川から採ってきた
ヌマエビ(多分ミナミヌマエビと思いますがエビに明るくないので種類は不明)
が9匹居ます。
その内2匹が抱卵しているのを発見!!
今月の末辺りには稚エビが誕生するかも?
楽しみです。

それからオークションで購入したデュアルサーモも届きました。
一台で二つの水槽の温度管理が出来る優れ物ですが、残念ながら
今は絶版みたいです。
設置して動作確認もし問題なく作動!
格安で譲っていただき感謝感謝。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
買い物があったのでよく行くホームセンターに。
ついでに熱帯魚コーナーを覗くも、魚は安いけど買う気がしないですね。
買い始めた頃は良く知らずに安さで買った事もありましたが、
管理の行き届いた専門店に行きだしてからは状態の善し悪しも少しばかり
分かるようになると購買意欲無くします。

安さにつられて今まで結構な数を落として来たので
もう値段で判断するのは止めました・・・

後、管理の良い熱帯魚屋さんで買ったのは覗いて
管理が怪しい所で買った場合は必ずトリートメントする知恵も付きました(笑


c0102086_22393513.jpg
c0102086_2240973.jpg

[PR]
# by haste-aqua | 2006-11-08 22:41 | 日記

ハステータス

昨日はハステータスを5匹追加しました。

ハステータスはブラジル パラグアイ川 アマゾン川広域に生息する
約2cm程度にしか成長しない小型のコリドラスです。
見た目もあまりコリドラスぽく無く、目の回りの黒くて丸い縁と尻尾辺りの
黒い十字模様が特徴です。
本来コリドラスは底面に居るのが普通ですが、ハステータスは低中域層を
群れて泳ぎます。

時折り水草の上にチョコンと乗ってる姿は何とも言えない可愛らしさあります。


飼ってみようと思った経緯は、コリドラス専用水槽は泳ぐ魚がいなくて少し寂しい感じがしていたからです。
別種の魚も考えたのですが、せっかくの専用水槽なのでコリドラスで何か居ないか探したところハステータスが低中域層を泳ぐと分かり、これにしようと
いつも行く熱帯魚屋に足を運んだのですが、はこの時ハステータスの他に同じ
チビコリのハブロスス、ピグミーも居て目移りしてしまい、
結局目的のハステータスでは無くハブロススを買ってしまったのですが・・・

実際飼ってみてチビコリの可愛さにすっかり虜になり、続いて最初の目的だった
ハステータスを購入しました。
最初に10匹買ったのですが、これがまた最高に可愛い!
ハステータスは群泳するのですが、小さいし10匹だと少し寂しい感じがしたので
追加決定!

動くので良い写真は撮れませんでした・・・





c0102086_14253327.jpg
c0102086_14255989.jpg
c0102086_14261667.jpg
[PR]
# by haste-aqua | 2006-11-07 14:28