熱帯魚のオトシンクルスとコリドラスの飼育日誌です。


by haste-aqua

<   2007年 12月 ( 27 )   > この月の画像一覧

大晦日

今年も後僅かになりました。
みなさん良いお年をお迎え下さい。
c0102086_16502568.jpg

[PR]
by haste-aqua | 2007-12-31 16:52 | 日記

金魚寝る

ここ数日グッと気温が下がり寒さが増してきましたが、
それに伴い金魚の動きがかなり鈍くなってます。
c0102086_15271295.jpg

まだ冬眠までは行ってませんが日中でも寝てる事が多く
お陰で写真も撮りやすいです(笑

室内なので冬眠するか分かりませんが、活発に泳ぐ事は無さそうなので
春が来るまでそっとしておくことにします。^^
[PR]
by haste-aqua | 2007-12-31 15:32 | 金魚

うちに来てから20日目

3匹共とても元気にしています。
c0102086_21594683.jpg

心配していた呼吸の速さですけど3匹とも違っていて
以前早いのと少し落ち着いてきているのといます。
餌もちゃんと食べているし特に目立って異常を感じさせる
行動を取るわけでもなく、これは体調に関係しているのかは
今の所は分からないです。

観察していて気が付いた事なのですが3匹で体の模様に個体差(?)が
出てきているのが分かりました。

まず2匹
c0102086_2283832.jpg

c0102086_2295669.jpg

この2匹は導入当初と変わらずクッキリとした斑模様があります。

そして1匹だけ模様に変化が出てきました。
c0102086_22194391.jpg

上の2匹と比べて明らかに斑模様が無くどちらかと言えば
ネグロの体表に近い感じです。
もしかしたらこの1匹だけはスレンダー系でも違う種かもしれません。

何故そう思うかと言うと購入の時にショップの方が、もしかしたら
違う種類が混じってる可能性があると話していたからです。
ショップに入荷の際に全て同じスレンダージャガー・オトシンとして
入って来るらしく、似た種も一緒くたにされてるので実際には異なる種が
混じることが良くあるそうです。

実際にネットで調べてもスレンダージャガー・オトシン(Oxyropsis acutirostra)
しか紹介されいないので、異なる種はまだ分類もされていないのかもしれません。
もしかしてジャイアント・オトシンかも?と思いましたが、もっと尾鰭が大きいので
違うのは一目瞭然でした。
個体差にしては余りにも違い過ぎるので、スレンダー系 (Oxyropsis) の別種な気がしてなりません。
[PR]
by haste-aqua | 2007-12-30 22:34 | スレンダージャガー・オトシン

1ヶ月が経過

導入当初の心配をよそに普通に元気にしています。
c0102086_21393247.jpg

普段は居場所でじっとしてますがお腹が空くと餌場をモフモフしています。
餌は昆布、プレコタブ等の人工餌も食べてるので
特に偏食と言うのは無さそうです。
c0102086_2142574.jpg

アップで見るとかなり間抜けな顔してて可愛いです(笑

小型のオトシンは落ちやすいのかと思っていたのですが
飼ってみると意外と普通なんで、そこまで神経質にならなくても
良いのかも知れませんね。

来年はタイガー辺りを飼ってみようかなと思ってます。^^
[PR]
by haste-aqua | 2007-12-30 21:50 | ボルケーノ・オトシン

三カ国首脳会談

c0102086_22125472.jpg

並オトは欠席の様です(笑
[PR]
by haste-aqua | 2007-12-28 22:13 | 日記

うちに来てから18日目

ロボコット元気です。
小型のオトシンは即落ちしそうで怖かったのですが
何とか無事に飼育できています。

c0102086_21564874.jpg


普段は水草の陰に隠れていることが多いのですが
お腹が空くと手前の餌場をチョコチョコと動き回り
餌を探しています。

餌は昆布を始め、ひかりキャット、コリ用の顆粒餌、冷凍赤虫などを
与えているのですが、人工餌には余り食いつきが良くないようで、
もっぱら昆布をモフっています。

そんな中、何かをモフっている所を見かけたので覗いてみると、
何かを口にくわえていました。
どうやら潰したスネイルを食べているみたいです。
これは結構発見ですね。

スネイルは混泳水槽に沢山いるので見つけたら
潰して与える様にしています。
餌代が助かるな〜(笑

そういえばスレンダージャガー・オトシンもスネイルの死骸食べてましたけど、
並オト、ゼブラ、ネグロは食べてるのを見たことありません。
あ!ボルケーノも今の所は見てないですね。

オトシン類は飼育データーが少ないので結構発見があると面白いですね。^^
[PR]
by haste-aqua | 2007-12-28 22:11 | ロボコット・オトシン

ゴビーの餌付けその後


うちに来てから早くも1ヶ月と1週間程経ちました。
ショップの叔父さんから人工餌食べるよの言葉を鵜呑みにして
購入したものの人工餌を口に入れたとたんペッ!っと吐き出す始末。
その後は完全スルーなので、しょうがなく活きブラインを与えてたりしていましたが、
徐々に冷凍餌(赤虫、ブライン)を織り交ぜながら与えていると
ようやく冷凍餌もちゃんと食べてくれる様になりました。
c0102086_2228681.jpg

冷凍餌に慣れてくれたので今度は冷凍ブラインにひかりキャットをすり鉢で
潰した物混ぜて与える様にしました。
この冷凍ブライン&ひかりキャットを中心に、たまに冷凍赤虫でしばらく様子をみていたのですが、以前は余り良い反応が無かったのに慣れたのか徐々に反応が良くなって来ました。

食いつきが良くなってきたので今度は冷凍ブラインを抜いてすり潰したキャットだけで与えた所、冷凍ブラインと混ぜたのと同じ様な反応を見せました。
食べてるかどうかじーっと観察したのですが、どうやら吐き出してる様子もなく一安心。

今ではキャットだけで大丈夫な様になりました。
これでようやくトリートメント水槽から卒業出来そうです。

さて、どの水槽に入れるか迷い中です・・・。

c0102086_22362027.jpg

[PR]
by haste-aqua | 2007-12-23 22:37 | バンブルビー・ゴビー

復活なるか・・・

日に日に赤が抜けていくロタラ・マクランドラです。
c0102086_0213997.jpg

しかもオトシンがモフモフするので下の方に穴が・・・(^_^;
c0102086_0221545.jpg


で、今日は買い物があったんで一緒に水草の鉄分補給するのを買おうと出掛けました。
terukiさんに教えて貰ったGREEN BRIGHTY STEP2を探したのですが
残念ながら取り扱っておらず変わりにこれを買ってきました。
c0102086_0282025.jpg

園芸用みたいですがアクアリウムでも使えると書いてあり鉄分を補給してくれるそうです。
帰って添加しようと思って用法をみると水2Lに対して20mlと書いてありますが、
多分これって園芸での使い方では無いかと思いネットで調べてみました。
検索すると結構使ってる方が多いみたいでアクアで使う場合は60cm水槽なら
20mlを2週間から15日に1回入れれば良いみたいです。

いきなり規定量を入れるのはちょっと怖かったので今日は半分の10mlだけ添加してみました。
数日しないと効果は現れないそうなので赤が戻ってくるか少しドキドキしてます。(^^ゞ

その前にオトシン達に食べられないとよいんですけどね・・・。
[PR]
by haste-aqua | 2007-12-23 00:36 | 日記

トリートメント水槽

ひとつ前にトリートメントの事について書いたので
今回はうちのトリートメントを紹介します。
c0102086_1914366.jpg

水槽は20cmキューブ

濾過はスドーのスポンジ・フィルターと小型の外掛けフィルターになってます。
外掛けフィルターは余っていたので付けてるだけです。
濾材が殆ど入らないので効果の程は微妙です。(^_^;
病気が発症した時には薬を入れなければならないので簡易式のフィルターで充分です。
仮に病気が発症して薬を入れた場合は濾過バクテリアは死滅しますので
薬の処方に沿った水替えをしなければなりませんから。

低床は田砂ですが砂の種類には特に意味はなく余りがあったので使ってます。
低床な無くても良いのですが、あった方が魚が落ち着くかなという感じです。
後はオートヒーターとライトぐらいで至ってシンプルな構成です。

今はバンブルビー・ゴビーをトリートメント中です。
導入してから病気とかは出ていないので人工餌に慣れさせる為に入れています。

前記事で簡単に書きましたけど以下の場合は買ってきた魚はトリートメント水槽にいれています。

A)入荷して直ぐに販売しているショップで買った場合(ホームセンター等)
B)幼魚や若魚等の弱りやすいサイズのもの。
C)初めて飼う種類。
D)体調を崩しやすい種類。

大まかにはこんな感じです。
入荷後にトリートメントしてから販売していたり管理の行き届いたショップで買った場合はトリートメントせずに本水槽に入れてる場合もあります。

実はトリートメントの事を薬浴と思っていたのですが、それは違っていて本水槽に病気を持ち込まない様にするとか環境の変化で体調を崩さないか、餌をちゃんと食べているか等の魚の様子を見るのがトリートメントでした。
なのでトリートメント期間に何も無ければ本水槽に移しています。

今の所はトリートメントした魚達は元気でいますから、やらないよりはやった方がいい気がします。

質問があったので簡単ですがお答えしますね。

トリートメント水槽の立ち上げですが特別な事はしませんでした。
あるとしたら本水槽から種水を持ってきた位です。
バクテリアの心配がある場合は低床も今回してる水槽から持ってくれば
立ち上がりも早いです。

薬に関してですがこれは魚種や病状によって様々ですので、詳しく書かれている
サイトを参考にするのが良いと思います。
今の所はトリートメント中に発症したことが無いので薬を使った事はありません。

買ってきた魚が直ぐに落ちてしまう方とかは一度やってみたらどうでしょうか?
[PR]
by haste-aqua | 2007-12-21 21:29 | 日記

魚の導入について

F.I.L.Oさんのゼブラが立て続けに落ちる事態があり
何かしら参考になればと思い以前の体験を書きます。

最初にゼブラを入れた時の事です。
この時は近場で売っている所が無かったですが
偶然ホムセンに入っているのを見つけて速攻で購入したのですが、
水合わせをしてそのまま本水槽にドボンしました。
うる覚えで申し訳ないのですが確か2週間かそこらで尾びれ付近に
水カビが発生してグリーンFリキッドで薬浴するも翌日落ちていました。

流石に参ってしまい色々と勉強してトリートメントしないと
不味いと言うことに気づかされました。
買ったホムセンはトリートメント無しで入ってきた魚は水合わせして
販売水槽にドボンです。(まあホムセンは何処もそうなのかもしれませんが・・・)

熱帯魚飼育されてる方なら当然な事なのかも知れませんが、
結構やらない人も多いみたいですし、特にオトシン類は病気が発症すると
治すのは困難なので、あえて書くことにします。

まず購入の際には状態を良く確かめる。
痩せているとかヒレを畳んでジッとしているのは弱ってる
可能性が高いので止めた方が良いです。

ショップの人に入荷した日にちとトリートメント済みかを聞く。
入荷して間もないのは弱っている場合があるので1週間位経ったのを
選んで買った方が良いです。
人気があったり滅多に入らないのは待っていられない場合があるので
その時は自分でトリートメントする。

↑の事ですが僕は余程信頼が出来るショップ以外は全て疑っているので
基本的にはトリートメントします(笑

で、トリートメントですが基本的に何をする訳では無く
観察しやすい水槽で餌を食べてるか体調を崩してないかとかの
チェックをする為にします。
期間は魚種や飼育者の満足度で違ってきますが僕は大体2週間〜1ヶ月を
目安にしてます。

特に問題が無ければ目出度く本水槽デビューです。^^

折角連れ帰った魚達なので落ちると本当に悲しい物です。
なので出来るだけ落とさない為にも導入は慎重にしています。

大した内容ではありませんけど何かの参考になったら嬉しいです。
[PR]
by haste-aqua | 2007-12-20 00:44 | オトシン