熱帯魚のオトシンクルスとコリドラスの飼育日誌です。


by haste-aqua

カテゴリ:治療記録( 1 )

ゼブラオトシン

病状:右目の上辺りと背びれ右側下辺りに怪我をした感じで皮膚が白く変色。水カビは出てない状態。
薬浴期間:2008年3月10日〜2008年3月14日(14日午前9時に死亡確認)
薬の量等:30cm規格水槽に約10リットルのカルキ抜きした水に粗塩30g(0.3%)、メチレンブルーを1ミリリットルの3分の2程度を別容器で溶かした物を4、5回に分けて投入。
薬浴中の状態:基本的には底で動かないが時折場所は移動していた。
傷の状態:特に大きな変化は見られなかったが水カビも発生しなかったので薬は効いてる印象。

今回の反省点
薬浴前は餌も食べていたので体力はあったと思うが薬で弱った可能性も有り。
対処として3日薬浴して一度水を換えて様子を見た方が良かったかもしれません。
薬の量は規定の半分という話も聞くので次回治療する時に試してみようと思います。
[PR]
by haste-aqua | 2008-03-15 17:33 | 治療記録