熱帯魚のオトシンクルスとコリドラスの飼育日誌です。


by haste-aqua

病気発症

ついさっきの事なのですが、スレンダージャガー・オトシンの1匹に病気が発症してるのを発見しました。
c0102086_23413044.jpg

発症したのはこの個体で斑模様が目立たないタイプのです。

どの様な状態だったかと言うと、動きに力が無くガラス面に引っ付いていたのが
フラフラと下に落ちたりしていました。
状態を見ると口の周りに赤い鬱血がありましたので恐らく内出血してると思います。

動きの弱さから衰弱している様なので一か八か薬浴に踏み切りました。
今回の治療の概要になります。

水槽30cm規格。
飼育水を10Lに粗塩0.1%(10g)と症状からエロモナスと思われるので
パラザンDを規定の半分(0.5ml)を点滴式で投薬。
それからエアレーションの為、水作エイトを入れてます。
水温はヒーターで24度に設定。

現在の状況としては底でジッとしてますが時折頭を水面に向けて
ぴょんぴょんと跳ねるような仕草をしています。
かなり危険な状態なので恐らく明日辺りには落ちてるかもしれませんが、
何とか頑張ってくれるよう祈ります。


朝を待たずに落ちてしまいました。
どうやらもう落ちる寸前だったようです。
うちに来てから3週間位・・・発症の原因がよくわからないんですよね。
オトシンが落ちる時の状況は、全然普通に餌も食べてるし
変わったところが無かったのが突然異常な泳ぎ方や行動をし始め、
その後に落ちる事が多いんです。
事前に感染した事が判断出来る症状が分かると良いのですが
今はまだ判断出来ないのです。
なんかとても悔しいので何か良い見極め方が無いか探さないとダメですね。
[PR]
by haste-aqua | 2008-01-03 23:57 | スレンダージャガー・オトシン